メディアと医者に紹介して欲しい関節リウマチ

関節リウマチの初期症状は大体わかりましたが、リウマチが悪化して介護が必要になる人もいるくらい、重症化しやすい病気でもあるそうです。関節が動かなくなることは体を動かせなくなるのと同じことです。軟骨が壊れてしまって関節の隙間がなくなって固まってしまいます。手足がこわばったりする程度が重くなっていくことに気づいたら、進行しているといえるでしょう。早く見つけないと、急速に進んでしまうこともあるそうなのです。風邪で高熱が出ても。関節が痛くても市販薬で乗り切らないといけない子育て中の主婦は多いと思います。私はここ数年、医者に会っていません。もちろん何度もインフルエンザが疑われるような高熱が出たりもしましたが、自分で医者まで行かなくては行けないので結局薬を飲んで、日中は少し横になったりしてしのぎました。
同じような状況の女性が発症していても。これくらいで受診は必要ないと思っている人も絶対にいると思います。テレビなどのメディアでもっと色々な病気の初期症状などを紹介してくれるとこのような人たちももっと受診するようになるかもしれません。怖い病気の初期症状も倦怠感、熱などですが、多くの患者さんに早く気づいてもらいたいです。進行状況に合わせて薬や手術などの治療があります。新しい治療薬も開発されていて、従来の治療で効果が得られない場合に用いられています。免疫に働きかける薬なので使えない人もいますし、副作用もあります。関節リウマチの怖さを知り、無知だったことで私がリウマチ患者の気持ちを傷つけていたこともあると思いました。

Filed under: 健康・医療 — artm 12:17 PM

お世話になっているサイト

トラリピ
http://fx.blogmura.com/traptradegroup/